Events

成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 7:「ASAP」(できる限り短く)にする


成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 7:
「ASAP」(できる限り短く)にする

「情報過多」になると、聞き手はすぐに飽きてしまいます。くれぐれも必要な情報のみを組み入れるようにしましょう。また、ダラダラとした話は聞いていて眠くなってしまいます。具体例を挙げたストーリー性のあるプレゼンテーションなら、聞き手に居眠りされることはありません。詳細やポイントは、具体例を挙げてストーリーに関連付けて説明するようにしましょう。以下の例文を比べてみてください。[詳細のみの場合:“The mobile phone is only 5 centimeters by 10 centimeters.”(その携帯電話のサイズはたったの5×10センチです) vs 詳細+例の場合:“The mobile phone is only 5 centimeters by 10 centimeters so all of you could actually fit one into your front shirt pockets.”(その携帯電話のサイズはたったの5×10センチなので、シャツの胸ポケットに収納することができます)]また、あなたが話した内容について、聞き手が更なる情報を求めている場合には、プレゼンテーションの間もしくは質疑応答の間に尋ねることができます。