Events

成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 13:「IBC」と構成を大切に


成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 13:
「IBC」と構成を大切に

テレビネットワークの名前でしょうか?もちろん違います。「IBC」とは、“Introduction”(導入)、“Body”(本体)、“Conclusion”(結論)を意味します。これは、たとえば香港の同僚に電話でソフトウェアのインストール方法を1分で説明する場合や、今後の取引が見込まれるクライアントに対して、自社と提供するサービス内容を1時間で概説する場合など、あらゆるプレゼンテーションに含まれる3つの構成要素です。時間配分は“の構に10%、““%に80%、“、“に10%と覚えておきましょう。「IBC」はあくまでも初歩的な形式です。これに加えて、ロジカルにプレゼンテーションを構成するための基本形式(トピック、問題提議とその解決策、説得など)を習得する必要があります。今後は、“「IBC」と構成のないプレゼンテーション=プレゼンテーションではない!”ということを肝に銘じてください。