Events

成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 12: 接続語で流れを導く


成功する英語のプレゼンテーションシリーズ 12:
接続語で流れを導く

「リスナー・フレンドリー(聞き手が理解しやすい)」なプレゼンテーションを行いたいですか?そのために、とても簡単な方法があります。接続語で流れを導くのです。接続詞には以下のようなものがあります。[例:So(ですから)、Also(また)、Consequently(その結果)、Conversely(反対に)]また、接続句ならば以下の通りです。[例:Let me move on to my first point.(1つ目の要点についてお話しします)、Now, let’s take a look at some possible solutions.(では、解決法をいくつか見ていきましょう)]接続詞には文脈を導く働きがあり、接続句には次のセクションへと聞き手を導く働きがあります。それでは、次のヒントを見ていきましょう。