Events

30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 25: 句読点を入れる


30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 25: 句読点を入れる

コロン(:)、セミコロン(;)、引用符(“ ”)など、つい忘れがちな句読記号も正しく使いましょう。ちょっとした工夫で相手に印象付けできたらいいですよね。それならば、時間を1~2時間とって、句読記号の使い方をざっと見直しましょう。詳しくは、本テキスト末尾、第8章のガイドを参照してください。