Events

30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 21: 行間を確認する


30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 21:
行間を確認する

メール文面を見た時に窮屈な印象を受ける場合があります。それはなぜでしょうか?大抵、十分な余白をとっていないのが原因です。それを防ぐためには、敬辞の後ろ、パラグラフとパラグラフの間、要点の一覧、結辞の前などに「余白」もしくは空白行を入れるようにしましょう。適当な部分に「改行」を入れれば、疲れた目の休憩になります。ただし、“Best regards,”とあなたの名前の間には空白行は入れず、以下のように書きます。

Best regards,
Jacqui