Events

30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 19: レイアウトツールを使う


30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 19:
レイアウトツールを使う

もっと「リーダーフレンドリー」なメールを書きたいと思いませんか?そんな時は、少しだけ時間を費やして、センタリング、リストのナンバリング、下線、太字、見出しなどのレイアウトツールを使ってみましょう。組み合わせさえ誤らなければ、結果的に読み手にとって理解しやすいメールとなり、よりプロフェッショナルな印象を与えることができます。レイアウトの見やすいメールを読んだ人は、より早く返信してくれるものです。何度も読み返さなくても詳細や要点を把握できるからです。また、多人数に宛てたメール(例:お知らせ)やクライアント、上級社員など、印象付けをしたい相手にメールを書く時は、レイアウトがとても重要になります。ただし2~3種類以上のレイアウトツールを同時に使うと、ごちゃごちゃとした印象を与えてしまうので気を付けましょう。