Events

30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 14 : カジュアルすぎる文体は避ける


30秒で分かる英文メールの書き方シリーズ 14 : カジュアルすぎる文体は避ける

 

緊急性を感じない、馴れ馴れしすぎる、プロ意識が感じられない。これらは「カジュアルすぎる」メールを受け取った時の感想です。以下のような場合は、フォーマルな文体を使うよう心がけましょう。

・      しかるべき相手(例:クライアント、上級社員、新しい上司)

・      しかるべき状況(例:社内周知事項、問題、謝罪)

カジュアルすぎる印象を与えないようにするためには:

–         スラング、イディオム、略語の使用を避ける

–         フレンドリーすぎるフレーズ[例:Yeah, no problem arranging this.(ええ、手配できますよ)]は避け、ビジネスライクなフレーズを用いる。[Yes, I can arrange this. はい、手配できます)]

–         ユーモアは挟まない

フレンドリーなフレーズは入れない、入れる場合はメールの末尾(冒頭は避ける)