SWAT(スピーキング・ライティング・テレフォン)

SWAT(Speaking Writing And Telephoning:スピーキング・ライティング・電話応対)コース

社員の課題

  • 簡単な英語のeメールを書くのにやたらと時間がかかるメンバーがいる。
  • 外国人とeメールや電話でやり取りをすると芳しい結果が得られない。
  • 英語で電話をしなければならない場面に直面すると、多くの社員が慌ててしまう。
  • 基本的な英語でのコミュニケーション(握手や挨拶等)の場面で、職業人として相応しい対応が
    できないメンバーがいる。

ソリューション

このコースでは、グローバルなオフィスにおける効果的なスピーキング、ライティング、電話応対の基本スキルを習得します。グローバルなオフィスでの勤務経験が浅く、実践的で論理的なコミュニケーションの土台を築きたい方や確実なヒントやフレーズを学びたい方対象です。

学習アプローチ

英語力が初級レベルの受講者でも分かりやすいよう、基本的な様式を用いて、Globusが考案したライティングおよびスピーキングの実践を行います。

コース概要

このコースでは、以下に挙げる6つの基本的なコミュニケーション法を伝授します(依頼、情報の伝達、断り、問題、謝罪、お付き合い)。また、初対面での挨拶や雑談、会話の流れなど、ビジネスシーンに欠かせないコミュニケーションのヒントを紹介します。

デリバリーオプション

  • 1日コース:英語が基礎レベル(TOEIC500点程度)で、日々の業務で多少の英語力(文書および会話)を
    要する方対象。