レポートライティング

Report Writing Course

社員の課題

  • プロジェクト管理者が、担当チームの月次報告書が不明瞭で冗長だと不満を漏らしている。
  • 海外本社から、報告書の質を改善するよう指導されている。
  • 担当チームのメンバーが月次報告書を作成するのに3~4時間もの時間を費やしている。
  • 営業担当者および分析担当者の企画案や調査法が論理性に欠けている。

ソリューション

このコースでは、グローバルな視点での報告書の論理、レイアウト法、500以上のよく使うビジネス表現、適切な文体などを含む38のスキルおよび9つの便利なテンプレートについて学びます。報告書の主題は、プロジェクトの月次報告や週決めの会議の議事録など様々です。このコースは、報告書ライティング初心者の実践としてだけではなく、ネイティブや報告書を書き慣れた人にも欠かせない内容です。

学習のアプローチ

できる限り実務に基づく報告書のトピックとGlobus独自のケーススタディを用いて学習していきます。報告書の講評、雑多なデータを用いたケーススタディ、論理的な報告書を書く練習、質疑応答、ケースディスカッションなど、様々な学習アプローチを取り入れています。

コース概要

このコースでは、企画書、会議議事録、問題の解決、原因・結果の割り出し、比較、説得、状況報告の更新、分析、時間・手続きといった大きく分けて9種の報告書作成について指導します。

デリバリーオプション

  • 1日コース:英語中級~ネイティブの方対象。社内研修室のパソコン/ラップトップ持参での受講をお勧めします。
  • 2日コース:英語中級までの方対象。社内研修室のパソコン/ラップトップ持参での受講をお勧めします。
  • オンラインコーチングコース:5~10週間にわたり、実際の報告書を題材に、個別にフィードバックを受けられます。
  • eメールによるアセスメント(研修前後での比較):報告書作成のスピードおよび38のスキルの活用度を数値化して評価します。