説得力のあるコミュニケーション

Persuasive Communication

社員の課題

  • 新たな方針のもと、事業部と各部署との間で協力体制がうまく築けていない。
  • アイデアや企画に対して、海外本社の承諾が得られない。
  • 営業担当者や取引担当者に目標を達成するための交渉力が足りない。
  • 優れたアイデアがたくさんあっても、内容が不十分で承諾を得るに至らない。

ソリューション

このコースでは、相手を説得し相手の心を動かす15のスキルを学び、それらをeメール、企画書、ディスカッションや交渉、プレゼンテーションといった4つの主要な場面で活用する術を習得します。経験豊富な営業担当者や説得力を習得したい若手チームリーダーに役立つコースです。

学習のアプローチ

実務に基づくトピックやグローバス独自のケーススタディを用います。参加型のトピック講評、ケーススタディ、論理的に説得する練習、質疑応答、ケースディスカッションなど、様々な方法を取り入れて学習していきます。

コース概要

このコースでは、eメール、企画書、対面ディスカッションおよび交渉、プレゼンテーションといった4つの場面に適用できる便利なテンプレートを伝授します。4つの説得ツール(例、比較、展開、転換)や反論処理法などの要点を指導します。

デリバリーオプション

  • 1日コース:英語中上級~ネイティブの方対象
  • 2日コース:英語中級までの方対象