Events

日本の大学が英語のみで授業が行われる学部コースを開始


日本政府は日本の大学への留学生を30万人に増やそうと計画しています。学部のプログラムPEAK(Programmes in English at Komaba)は英語のみで行われる授業のコースです。

昨年末から東京大学では、英語による2つの新しい学士号を提供しています。
学生は、東アジアにおける日本の国際プログラム、もしくは環境科学に関する国際プログラムから選択することができます。

東京大学准教授でPEAKの副局長(次長)である矢口祐人は、同大学では言語の壁を取り除き、世界でもトップクラスの人材を選出することを目指しています。

この計画の背景には、外国や日本人学生がグローバル・リーダーとなるために適切かつ必要なコミュニケーションや大学のスキルを上達させようとする考えがあります。