Events

TOEICの得点と実際の英語力ギャップ


近年、 「英語力」 を測る目安となっているのは、 TOEICと言われる検定試験です。 このテストは、 120か国、 年間約600万人以上が受験 (2010年度) しており、 日本でも年間227万人が受験 (2011年度) している世界共通テストです。 日本では、 企業や官公庁、 学校など、 約3300団体が採用(2011年度) しています。 多くの企業が採用時にTOEICの点数を参考にしており、 武田薬品工業では、 応募条件にTOEIC730点を基準として設けています。 しかし、 実際は、 TOEICは高得点を保持しているけれど、 英語でビジネスメールが書けなかったり、 英語圏の外国人とコミュニケーションがとれなかったりするケースがよくあるそうです。 その理由は、 TOEICはある程度の攻略方法をマスターすれば高得点が狙える試験だからです。

入社後も英語力を活かし、 グローバル人材として活躍していくには、 英語研修などでビジネス英語や英語プレゼンテーションの仕方を学ぶなどして、 実際に使える「英語力」をつけることが大切ではないでしょうか。