Events

英文eメール: 接続詞を付ける 8


よりロジカルな文章に仕上げたいですよね。それならば、どんなメールでも少なくとも3~5個の接続詞を入れるようにしましょう。そうすることによって、スラスラと読める流れのいい文章を書くことができます。さらには、ここまでの3センテンスで示したように、文頭に接続詞を付けることで、要点の捉えやすい文章になるのです。頻出の接続詞としては、“Also”(また)、“For example”(たとえば)、“In detail”(詳しくは)、“So”(そこで)、“Thus”(従って)、“Actually”(実は)、“In summary”(要するに)、“Primarily”(第一に)、“However”(しかしながら)、“Incidentally”(ちなみに)、“Similarly”(同様に)、“Conversely”(逆に言えば)などがあります。このアドバイスにぜひとも従ってほしいと思います。