Events

英文eメール: スタンダードな言い回しを用いる 6


毎日のようにパソコンの前で、5~10種類の同じフレーズばかり書いてはうんざりしていませんか?おそらく、そんなメッセージを読む相手はもっとうんざりしています。それでは、どうすればいいのでしょう?一番手軽な方法としては、実践で役立つスタンダードで適切な言い回しを200~300種類リストアップしたものを用意しておくことです。依頼、情報の伝達、断り方など、メールの種類別に整理されたものがいいでしょう。そういったリストを自分で作るのも、少し手間はかかりますが効果的です。では、どのように作ればいいのでしょうか。たとえばロンドンやニューヨークやシドニーから送られてきたメールの中から、一番いいフレーズを抜き出せばいいのです。ただし、すべてのネイティブがいい文章を書くとは限りませんので、どこから引用するかは注意が必要です。