Events

メッセージは漏れのないように 5


メッセージの内容に漏れがあると、相手は不足点を聞き返さなければならず、二度手間になってしまいます。それを防ぐためには:

  • • 己を知る(過去にどんな「二度手間」が生じたか?)
  • • 相手を知る(相手が読みたいと思う分量は最低どのぐらいか?)
  • • チェックリストを用いる(ロジックステップにならい、期日や確認点などの必須事項を漏れなく述べているか?)

そして、メール本文で言及したファイルも忘れずに添付しましょう。