Events

論理的順序に従う


それでは、あなたは主論点からメールを始めました。次は?
残りの文章に優先順位をつけましょう‐あなたではなく、メール受信者の観点から。同僚に急を要さないプロジェクトの手伝いをお願いした後、あなたはその締め切り時期を明記しようとするかもしれませんが、そうではなく、なぜ彼らの助けが必要なのかをまず書くべきです。依頼から社交の7つのメールフォーマットは、それぞれ違ったロジックの段階・流れを用います。うまく適用すれば、さらにプロフェッショナルだと思われるでしょう。