Events

eメールの将来


今こそあなたのメールテクニックに磨きをかけるのに最適な時です。
米国のテクノロジー調査会社、The Radicati Groupがビジネスコミュニケーションの最新トレンドについて調査したレポートによると、メールはこれからもビジネスコミュニケーションの確固たる手段であり続けるとのこと。これからも、eメールはビジネスコミュニケーションの手段としてさらに広がり続けると同社は予測しています。
同調査によると、ビジネス用のメールアカウント数は9億2900万にもなり、今後四年、年平均で約5%の伸びで増え、2017年の終わりには11億に達すると予想されています。2013年現在、大半のメールのやり取りはビジネスで、一日に1000億通以上のメールが送受信されています。この傾向は今後も続き、2017年末までに、ビジネスメールの 送受信数は一日1320億通以上になると思われます。
ソーシャルネットワーク、インスタントメッセージ、携帯電話のインスタントメッセージも今後四年で流行し続けると予測されますが、ビジネス用途ではなく、消費者間で増加していくと考えられます全レポートを読むには、こちらをクリックしてください。メールでのコミュニケーションスキルを上達させ、有能なビジネスコミュニケーターになることに興味をおもちですか?ぜひ、弊社までご連絡ください。